2017年6月3日土曜日

こんな終わり方嫌だ!!(月山)

なかなか起きない娘を叩き起こし、ようやく朝3時に自宅出発。
栃木までは快晴。
しかし、9時過ぎに到着した姥沢駐車場から見える景色は霧の中。月山ではなくガス山だ。
梅雨による蒸し蒸しの雨ならまだしも、日本海からの寒気により発生した雨は冷たくて寒くてツライ。
でも霧雨は想定内だたので、着込んでゲレンデへ移動。今年は雪が多くアスファルトを歩く距離が短くて済むのはありがたい。
6月上旬まで限定のキャリーサービス。折角なので待つ。
あらためて見るとカワイイ。
もちろんキャリーしてくれるのは板のみなので、人間は歩く。板担いで登った方が断然早いのだが…。
いつもは当たり前と思い込んでいるが、板を履いたまま滑ってリフトに乗れることのありがたみ。
朝一(と言っても既に10時半)はごく弱い霧なので視界はきいた。
しかし山頂に近づくにつれ霧が濃くなってきた。
地面のチングルマなど眺めながら、ノロノロのリフト乗車時間も堪能。
山頂駅はさらに霧の中。
とりあえず来たことの証として記念写真。
トラバースの雪はたっぷり。
トラバースの向こう側は風が強く横殴りの霧雨。
それでも滑る。
特別な月山なので滑る。
いつもの新緑の風景が見えないのが残念。
雨が強くなってきたので1時半で終了。7回券2枚を3人でシェアし、娘たちはリフト5回のみだったが、そこそこ満足した様子。ようやく末っ子を月山に連れて来ることが出来た私も満足。
駐車場まで滑って降りてきたところでさらに雨脚が強まる。切り上げた判断は正しかったようだ。
下山後はまずはゆ~チェリーで身体を温め、肉そば食べに吉亭へ。
3人なので、肉中華、肉そば、げそ天ざるの三種を注文。それぞれ大盛130円増し。
まだ外が明るかったので、蔵王温泉に立ち寄り。酢川温泉神社をお参り。
雪のない上の台ゲレンデを見ていると蔵王が恋しくなってきた。もう10年くらい滑りに来ていない。
ちょっと記念撮影。
共同浴場の隣の足湯で硫黄泉をちょっと満喫。
このままエコーラインを登り、白石に抜け、二本松から高速道。自宅には25時着。

後日談:翌日曜日は朝から土砂降りだった模様、今年の月山は週末になると天気が荒れる)

0 件のコメント: