2017年3月19日日曜日

BISA基礎&アルペン「コラボキャンプ」

BISA基礎&アルペン「コラボキャンプ」。
いろんなモヤモヤが吹っ飛んだ。
ポイントは「ゲート横での斜滑降とリリース」。

◆ポールでの基本動作
・ゲート通過時の斜滑降。
  外股関節~外脚への荷重と外向傾によるエッジング。
・そのためにゲート上方からのターン開始。
・ゲート横で荷重またはエッジングを瞬間的に強める
・ゲート通過と同時のリリース動作開始。
  結果的にゲートとゲートの中間で切り替えしているように外からは見える。
・鋭角なセットでは、ゲートの手前でズラシも必要。
  しかしエッジングを甘くしてずらすのではなく、
  ターン外側に板を振り出しながらの力強いエッジング。

◆練習のバリエーション
・朝一はゆっくり滑って自分の調子を確認
・レールターン(とにかくずらさない)
・斜滑降(姿勢、くるぶしの下への荷重の確認)
・斜滑降から山側への切り上がり(ゲート横でエッジングを強める)
・スタート位置を下して中間からのスタート
・ライン取りの確認(ポールの上からターン、ゲート横で斜滑降)
・ポールセットでのレールターン(直線的なセットで)

◆その他
・エッジに乗るのでなく、板の面に乗るの意味。
・楽に滑りたければ、斜滑降のタイミングで腰を回してあげれば良い。
  その代わりテールはズレて落とされ、板は横を向く。

初日はほぼ快晴に恵まれたが、2日目は朝から湿った雪。
昼に近くなるにつれほぼ霙でウエアもグローブも中に浸みてきた。
参加者の皆さんと記念写真。
こんなに気合入れて滑って、色んな収穫があったスキーは久々だった。残りシーズン試したい事が沢山できた。

講師の西村斉さんの滑り。

0 件のコメント: