2017年1月23日月曜日

谷スキー

今シーズン前半は
・小回りでのストック操作
・谷回りの自在な制御(特に大回り)
をテーマにしてきた。

しかし相変わらず2つ目がどうもスッキリしない。
切り替えで「よっこらしょ」が必要になり、そのあとの谷回りが不自然で気持ちが悪い。
スムーズに切り替えができない。

そんな時見つけたのが
Why the ski "Tip" lift is important ?
である。

2つの写真はともに切り替えの瞬間。
どちらも谷足のトップが持ち上がっている。
このような映像は他のトップスキーヤーでもよく見かける。
これは何を意味しているのか?


まだまだ仮説の域は出ないが、
  ターンの仕上げ(山回り)では基本的に谷足荷重だが、
  切り替えに向けて、山足(次の外足)への荷重を強めていき、 
  その結果、谷足荷重が減り、持ち上がっている
のでは?

山足荷重を強めるときに、上体は内倒させず、
山足の真上に上体をキープする必要がある。 
見かけ上、九の字姿勢もしくは外傾である。

まだ謎なのが
  谷足のトップが持ち上がっていること
である。
脛の前傾をキープするために脛の筋肉を緊張させているからなのか?
それとも外的要因でそうならざるを得ないのか?

これを応用というか普通に出来るようになれば、
次の外足への荷重をスムーズにできるのでは?
雪上試行を繰り返し、答えを導き出さなければならない。 

さて来週から試してみよう。

0 件のコメント: