2017年1月13日金曜日

府中市民スキー大会

先週の1月初めの3連休はスキー嫌いになってしまい完全休業。10日ぶりのスキーは市民大会の主審として参加する木島平。

神奈川県の奥地での泊まり込み会社研修が終わったのは18時きっかり。家に着いたのが20時過ぎで、そこから荷物をまとめ、21時に出発。本来なら市役所が手配してくれたバスに乗り込んで、酒飲んで寝ながら現地まで楽できるのだが、今回はバスの出発時刻に間に合わず自家用車で自力移動。

今週末は警報が出るほどの久しぶりの寒波。坂城から雪が舞い始め、長野道では路面が白くなり、ウィンドウシールドに叩き付けられる雪を見ていたら催眠術にかかり睡魔が襲ってきた。信州中野ICで下車し、普段ならリンゴ畑の中をまっすぐ進む快適な道路も今日はフカフカでセンターラインも路肩の良く分からない。 標識も良く見えず、ナビなしではどこを走っているのか分からなくなりそう。
木島平の駐車場に着いたのは24:30頃。駐車スペースはラッセル状態。帰る時は一苦労だろうとあとは祈るばかり。
今回の宿泊先はパノラマランド木島平。温泉のほかにプールなどの施設もある大きなホテル。
翌土曜日の朝の駐車場の風景。 右から5台目が我が車。まだ判別可能。
市民大会のバーンは御覧の通り、雪雪雪。雪が止むことはなく、視界も悪ければ、コースにはどんどん雪が積もり続ける。バーンは柔らかく、すぐに掘れる。今回は2日目のGSLのセットを任されたが、コース全体を見渡すことが出来ず、嘉部さんのアドバイスを受けながらセットした。新雪のためスピードの出ないコンディションに対して、少し旗門の間隔が狭く、さらにスピードを抑えるセットになってしまった気がする。でも視界不良だったのでこの程度がちょうど良かったのかな…。
1日目の競技終了後のフリー滑走。
フリースキー中に気が付いたのだが、ここのスキー場で唯一の中級斜面のリフトが廃止になっていた。今回は山頂リフトもまだ動いていなかったので、緩斜面のみだった。
ホテルの食事は上品ではないがビッフェ形式で多種多様。食べ盛りの若者には最奥だろう。
さて日曜日の朝の駐車場風景。かろうじてドアミラーだけが見えている。
ここ↓まで発掘するのに30分。さらに脱出し、道路を走れる状態にするまでに1時間。
閉会式終了が14時なので、そのあと滑って帰ろうと思っていたが、降り止まない雪と、寒さと、除雪疲れで、滑らずに下山することにした。何事も程々が良い。

途中小布施に立ち寄ったが、この大雪のためリンゴの品数も少なくお値段も少し割高だった。いろんな意味で消化不良の週末だった。

0 件のコメント: