2016年6月5日日曜日

月山 w/ My Children

先週はスキークラブのおじさん達との月山合宿だったが、今回は子供たちとの日帰り月山。自分の体力の問題もあるが、いつまでも子供たちが月山にお供してくれるわけではないので、こういう機会を大事にしないと…。でも一番下の娘はバイトが入り不参加。まだ一度も月山に連れて行ってあげられていない。ということは来年も企画しないと…。

さて日曜日朝1:40起床、2:15出発。入社前の会社の研修とやらで品川のホテルに泊まっている長女をピックアップするために保土ヶ谷BP~環状2号~R15をドライブ。最近できたばかりのR246の上を立体交差するR16や、夜中の環状2号はなかなか快適。3:00にピックアップし、芝浦ICから首都高へ。関東南部は小雨だったが、栃木以北は曇り。ドライバー3名なので片道500kmも苦ではない。西川ICを8:00過ぎに下車、コンビニで朝ごはんを購入し、姥沢駐車場には9:00着。車は6割くらいの入り。

朝のうち山頂付近は靄の中。気温も低めで、レインジャケットを羽織ってちょうど良い感じ。
リフトまでは一部雪道あり。このおかげでサンダル履きでは行けないし、滑って降りてくるにもちょっと中途半端。
昔はそんなに距離を感じなかったが、今回は肩に担いだ板が重い。
回数券を2冊購入し、10:00にリフト乗車開始。一人4~5回滑って昼過ぎに下山しようという公算。
リフト下にはチングルマ。
上駅からは登山道。
岩場を登るときにバランスを崩す回数が昔より増えた(-_-。
でもそのおかげでトラバースラインが先週より上に移動し、縦の滑走距離がちょっとだけ増えたのが嬉しい。

大斜面の島は急激に成長し、コブラインが寸断される一歩手前。

下駅には滑り込み不可で、恒例の崖登り。これでかなりの体力消耗。
徐々に晴れ間が広がり気温も一気に上昇。でも今日は乾いた風が心地よい。
リフト乗車中の風景をタイムラプスで撮影。
姥ヶ岳の山頂もようやく見えてきた。
月山と牛首の雲はなかなか取れない。
気温上昇とともに、登山道の水量も徐々に増え始める。
トラバースラインは先週より20mくらい上。
駐車場を見下ろすこの景色はいつ見ても好きだ。
リフト乗り場付近で12時少し前に早めの昼食。今日のメニューはバナナとカップ麺。焼きそばのお湯を地面に捨てることを躊躇い、思い付いたのが捨て湯で残りのカップ麺を作る作戦。結果はほぼOK!!

午後の部。大斜面の上部にて。
大斜面の下部にて(その1)。ニューライン(ポーパスライン)を意識したつもり。

大斜面の下部にて(その2)。
息子の速く大きな動きには敵わない。
娘は久々のスキー。どうしてもスタンスが広がるし身体が回る。来年鍛えよう。 
午前2本、午後3本(娘は40分ほど日向ぼっこで一回休み)、名残惜しかったが14:00過ぎに終了。
この壁を降りれば終了(寂しい)。
今年は月山に2回来られて、延べ3日間滑ることができた。大変お世話になりました。
帰りは、一旦鶴岡方面に向かい、まだ行ったことがない湯殿山スキー場をお参り…としたものの、スキー場手前の有料ゲート(普通車400円と書いてあった)が16:00ちょうどに閉鎖になり、スキー場を拝むことはできなかった。

引き返して、16:30ゆ~チェリーで汗を流し、17:30吉亭と目論んだが、こちらも既に閉店。そのままひふみへ進路変更し、ひふみセット、冷たい肉そば(大盛り)、温かい肉そば(大盛り)を注文。温かい肉そばの方が、出汁の味が濃厚で、肉の味も良く分かり、蕎麦も香りが出ていて…温かい方がお薦めだということを今更ながら発見。
18:30寒河江ICから高速に乗り、圏央道経由、相模原愛川IC下車、自宅には23:30着。帰りは子供たちが全部運転してくれたので、私は寝ているだけ。感謝(_o_)

0 件のコメント: