2016年4月14日木曜日

今の自分にとっての滑りのコツ・注意点

鹿沢、BISA、グランデコを通じて、今の自分にとって注意すべき点を文字にしておく。

■切り替えのフェーズ
次の外足のエッジをアウト→インに切り替えると同時に、ほんの少し回旋動作を加えてあげる(ピボッド操作で迎え角を作る)。見方によってはプルークターンもしくは摺り足のシュテムターン。ただし「ほんのチョット」だえけ。さらに次の外脚を後ろに引きながらピボットする。切り替えフェーズでは次の外脚は前後さにより前の方に位置しているので、引きながらピボッドすることでスキートップ側も使うことができる。

次の内脚を畳むイメージよりも、次の外脚を雪面に押し当てたまま上記ピボット操作をし、次の外脚への荷重を強めていく。次の内脚の荷重は自然と少なくなっていく。(バリエーションとして、このタイミングで内脚を持ち上げ外脚一本で滑るのもありだと思う。)

■フォールラインに向くまでのフェーズ
いわゆる谷回りのフェーズでは上記ピボットで動き始めた外脚に重心を乗せていくようにする。エッジを立てようとしなくていい。自然にエッジは立つ。内脚は脛を外旋させることで外脚を邪魔することなくターンを誘導してあげる。

■フォールラインを過ぎてからのフェーズ
外脚かつテール側に体重を乗せていく。もちろん腿の捻りによるピボットも継続。これによりもう一段の深回りを作り出す。

この段階ではできるだけエッジは緩めてあげたい。板を走らせるためと、次のターンの準備のため。意識的にエッジを立てることをやめ、鉛直に立っているだけで十分エッジは立っているはず。

■グランデコの高島講師からのアドバイス上下動については、グランデコの高島講師は否定的だったと思う。切り替えでは縮んでいくくらいにして、板が雪面に張り付き、軽くならないように、と強調していた。雪面状況により違うのかもしれないが、どちらもできるようにしておけば良いだけの話かも。

また、私は「巾が小さい」とのこと。つまり足元の可動域。切り替え時に外脚をハの字に大きく開き出す練習や、それを1ターン中に2~3回行うバリエーションなどが有効だとのこと。

0 件のコメント: