2016年4月11日月曜日

ようやくクラウンの仲間入り(2016年4月9日~10日 @ グランデコ)

7回目の挑戦でようやくクラウンに合格。

思い起こせば、2001年にテクを取って間もなく菅平で挑戦したぶん10点くらい足りず敗退し、数年後も霧の菅平の天狗バーン大回りで板を外し転倒し敗退し、さらに数年後に3度目の菅平で左太郎整地小回りでまた板を外しジャッジの目の前まで滑落し、クラウン怖い怖い病にかかり、ここから7,8年のブランクを経て、2015年に箕輪とグランデコでチャレンジし、今年2016年に鹿沢、そして今回のグランデコ。15年の年月が流れたわけだな~。
1日で事前講習&検定というハードスケジュールなので、前日に福島入りし、自主練してから本番に臨むことにした。
土曜日朝は5時過ぎに自宅を出発し、大谷PAで朝食。とろみのある甘い牛丼。
猪苗代に到着したのは8時半。
9時半に猫魔到着。ここに来たのは20年ぶりくらいか?確か大学の研究室のスキーツアーに参加した時だと思う。あの頃はMR2(SW20)にチェーンを付けてここまで来たっけ。
コースレイアウト図はこちら。この日滑走できたのは、ダンジャルジャン・センター下部、ダンジャルジャン・イン下部、ダンジャルジャン(パーク)、ラフォーレ・センター(猫魔バーン)のみ。奥のラフューテはClosed。

奥に見えるのが猫魔バーン。
こっちはダルジャンセンター。上部は既にコースクローズ。
ダルジャンアウトはパークになっていた。
ダルジャンセンターの中間部(リフト降り場)からの景色。左奥はグランデコ。ここで兼子稔&佳代子夫婦によるキャンプが行われていた。
ねこまバーンは福島の技選で大回りやるそうだ。急だから怖っ。
ねこまバーン頂上からの眺め。
昼は駐車場で喜多方ラーメン。
積雪80㎝。
初日に泊まるのはリステルファンタジアに併設されているリステル猪苗代。
のコンドミニアム。
部屋タイプは和洋室で奥の方に4畳の和室あり。
ソファーベットが2台。4人まで泊まれそう。料金は土曜は割高で5,900円。
隣のコンドミニアム。
炊飯器やフライパン、食器も完備。
夕焼けの磐梯山。
スーパーに買い出し。ホテルから車で5分。
お目当てはままどおるのチョコ味。冬季限定で、最近は高速のSAで売らなくなったので買うのは久しぶり。
こんな感じ。
夕食は寿司で前祝。
温泉はいったん外に出てホテルの本館。ph8の単純温泉。
2日目、朝5時起床、6時チェックアウト。リステルファンタジアのゲレンデ。たぶん奥に急斜面のモーグルバーンがあるのかな?
6:45グランデコ到着。
正面には雪なし。
向かって左側から降りてくるしかなさそう。
8時から事前講習開始。コブは中間にリズム変化があり、ここがポイント。
昼は持ち込みのカレーパンとバナナとままどおるとRedBull。
15:50検定終了。RedBull飲んだのに、2種目終わった時点で脛が攣った。
16:20結果発表。久々に足がガクガクした。
帰りはいつものように猪苗代湖東岸を走って白河に抜け、矢板までR4。東北道に乗ってから上河内SAで餃子定食630円也。から揚げ定食800円もよさげだった。
22:30には自宅に着く見込みだったが、大橋JCTで渋滞。たった3㎞だが通過まで1時間強。家には0時過ぎに到着。

0 件のコメント: