2016年4月17日日曜日

鹿沢スプリングカップ

爆弾低気圧により雨、風ともに強くなることは分かっていたが、大会費は1年前に納めているし、最後のGSだし、閉会式の抽選も楽しみだし、ということで単独強行。

5時に自宅を出て、入間ICから高速に入った。間もなく睡魔に襲われ、嵐山PAで20分ほど仮眠して、8時10分ごろに鹿沢到着。この時点で雨は少しだけパラつくことはあったが問題なし。
2本目のリフト沿いはだいぶコース幅が狭くなった。落ちたら怪我するだろうな。
大会バーンは完璧なフラット。セットは単純でトラップは無し。
9時10分インスペクション開始、10時競技開始。24番の私は10時15分ごろ。朝のアップでは外スキーが逃げたり、スピードが出過ぎて後傾になったり、滑りのイメージはできていなかったが、スタートしてしまえば何とかなるもの。前半は少し攻めが足りずポールを遠回りし過ぎた点と、後半は斜度変化で体が遅れ、ターンが下に膨らんだ点が失敗だったが、久しぶりにフラットなバーンを楽しむことができた。タイムは32秒32。たった30秒のレースのために片道3時間以上かけて来た自分に拍手!!
レースは終わったが、このまま帰るのは勿体ないので、板を遊び用のSalomonに履き替え、コブや大会終了後の整地を楽しんだ。11時少し前からは雨が強くなってきて、それでも2本目のリフトをグルグル回っていたが、お尻やブーツの中が濡れ始めたので11時半に終了。食堂からお湯を持ってきて、車内で食事。
食後は車内で仮眠を少し取り、13時からの閉会式に出席。前の方には賞品が沢山。
結果はなんとBクラスで優勝。商品は地元産の卵50個。
優勝にはからくりがあって、スプリングカップはタイム順に5つのクラスを作り、そのクラスごとに表彰する変なルール。今回の完走者はちょうど100名で、つまり1クラスが20名、私は全体の21番目のタイムだったので、Bクラスで優勝ということに。
成績表はこちら。
午後には雨も上がり青空が。向こうに見えるのは今は無き表万座。
恒例のこもちの湯で体をほぐし、道の駅こもちでカツ丼。たまには蕎麦を食べたいのだが、どうしてもカツ丼のボタンを押してしまうのだった。
食後のデザートは期間限定のさくらソフト。桜餅の風味。普通のソフトより粘っこい。
自宅には20時前にに帰還。

賞品の卵は5×5=25個の2段重ねだった。

0 件のコメント: