2016年3月27日日曜日

第6回クラウン受験 @ 鹿沢

第6回クラウン検定受験。
場所は鹿沢。当初は1日で事前講習&検定を済ますことができる箕輪への遠征を予定していたが、直前に中止となり(たぶん雪不足)、それに合わせて受験会場を鹿沢に変更。

ゼッケンを受け取りゲレンデバックで記念写真。鹿沢には4月にしか来たことがなく、上のコースまでは行ったことがなく、それが唯一の楽しみ。
事前講習の講師は齋藤潔氏(校長、元SAJデモ、元イグザミナー)、と主任の齋藤修氏。斜面下から元デモの滑りを見せてもらったが、上手さだけでなく怖くなるくらい迫力があった。
講習でのポイントは、
・谷回りでの伸展動作
・山回りでエッジではなく面での捉え
・「エッジは立てなくても自然に立つ」
の3点。

谷回りではズレを伴った伸展によりスピードをコントロールし、山回りではエッジ過多によるブレーキングを最小化すること。谷回りで伸展動作をするには、その直前までに板がアンダークロスする必要がある。つまり山回りでの回旋動作、回し込みが重要。
2日目にコブレーンを作るために講師と受験者でトレーンをしたが、その時日高デモの後ろを滑った時にターンが如何に深いかを実感した。

宿は鹿沢から車で20分ほどのところにある「北軽井沢高原ホテル」。素泊まり3,900円(税別)。一人で泊まるには広いというか寂しい。またちょっとカビ臭かった。
風呂は麦飯石が使われているようだが、どんな効果があるのかは分からなかった。
湯船の底が麦飯石の粉を使った漆喰塗装なのかも???
夕飯はこんなに豪華(涙)。
先週から気になっていたペヨング(Peyong)焼きそばは、うまい!!
販売再開の際にペヤング(Peyoung)自身の味が変わったのかも知れないが、ペヨングはすっきりして飽きのこない味になっていた。
さて2日目の検討当日。朝の靄は取れ、青空も出てきたが、気分はどんより、受かる気がしないのに受けることの虚しさを久々に感じた。
オレンジの人は今年の選考会で選ばれた日高群馬県デモ。
最終種目のコブはみんなで2回滑って育てた。でもベースが固いのでそんなに大きくはならなかった。
あっという間に検定終了。そして第6回目のチャレンジも予定通り終了。大回りが78点はかなりショック。小回りとフリーが失敗したと思っていたが、やっぱり大回りかぁ・・・谷回り伸展ができないとどうにもならない。
一方テクの2名合格は甘くないかな?101番はリフトで何度も話をした人だが、小回りだけが微妙な気がしたがめでたく合格(まあ納得)。102番は高2の女子。相対的にはこの子が2番手だったが・・・母親と抱き合って泣いてた(羨ましい)。
帰りは渋川伊香保経由で、こもちの湯とカツ丼のセットメニューで締め。豚肉の厚さと脂身のバランス、たれの濃さ、どれもちょうどいい。
さて次はグランデコかな。

0 件のコメント: