2015年8月2日日曜日

丹沢山で足慣らし

下界は最高気温34℃の日。標高1500mに登れば気温25℃の世界となるはずだが、実際にはそうはいかない。蒸し暑さは変わらず持参した1.5Lの水も底をつき、下山途中に川の水を飲む羽目に。今回は完全に熱中症にかかってしまった。

出発点はいつもの塩水橋、標高430m。7:20登山開始。
渓流を眺めながら林道を4kmほどゆっくり登る。
林道途中の湧き水。この水を汲んでおくべきだった・・・。
ケーブルの残骸。
雨量計測所に到着。林道はここで終了。
登山道に入る。
しばらくは杉林。
徐々にぶなの木が増えてきた。
堂平に到着。あとは比較的斜度がなく楽チンだが、頭痛がひどい。
途中の岩場で休憩。霧が出てきて涼しいそうに見えるが、全然(涙)
この木道を登れば丹沢山頂上。
11:30いつもより1時間以上遅れてようやく到着。頂上は晴れ間が覗き、そのせいで暑い!!
蛭ヶ岳は霞んで見える。富士山はまったく見えない。
昼食も簡単にすませ下山開始。
下りだから体力消耗せずに下れるのだが、それでも汗が噴出し、でも水は残りわずか。苦しい。
下山路は天王寺峠経由。
ようやく林道の出会いに到着。車まであと1.7km。
あ~こんなに辛い登山は久々だった。

0 件のコメント: