2015年4月19日日曜日

鹿沢スプリングカップ (2015年4月19日 @鹿沢)

八重樫さんの知り合いが出場できなくなり、急遽替え玉出場することに。出走順は大会申し込み順らしく、もらったゼッケンは20。老若男女関係なく申し込み順で滑ってタイムを競うという、他には例のない誰にでもチャンスがあるシステム。

センターコースは融雪が進み、コース幅が狭くなった。リフト際にコブレーンが一本見える。山頂は地肌が出て滑走不能。レースはリフトを挟んで右側の大会バーン。
9時10分からコースインスペクション。コースは短く20数旗門。斜度もきつくない。
なんと受付のときに高橋さんに遭遇。群馬県の選手もチラホラ、さすが地元。
10時から競技開始。
私は何事もなくゴールしたが、スノーセメントを使用してもすぐ掘れていき、100番台の選手は大変そう。ゼッケン20なので10時15分に終了、ゼッケン返却。そのあとは板を履き替えて一人コブ祭り。
150人くらいが完走した中で順位は27位。せっかくのフラットバーンだったのでもっと攻めれば良かったが、レースで攻めることに慣れていない・・・。来年は攻めよう。
表彰式では様々な景品が用意されていて抽選が行われた。卵、ワイン、コーヒーメーカー、鹿沢のシーズン券、最後は34型液晶テレビ。でも何も当たらずに抽選会は終了。
帰りは温泉。加温も水で薄めることもしない源泉かけ流し。茶色い湯の花が浮かぶマグネシウム・ナトリウム炭酸水素塩というお湯。スキー場で割引購入して500円なり。
リニューアルした室内はきれい。
向かいには歴史ある建物があった。
渋川経由でいつものカツ丼。17時くらいだったのでお客さんも少なくゆっくり味わえた。
関越は藤岡から鶴ヶ島までほぼ全部渋滞だったので、嵐山小川でおりい下道で21:30に自宅到着。Googleナビが案内した道は結構な田舎道で快適だったが、一箇所軽自動車でも無理そうな極細路地を案内されたときは焦った。

0 件のコメント: