2014年5月6日火曜日

雨ニモマケズ2(2014年5月5日@かぐら)

GWの渋滞とリフト待ち混雑を避け、あえて天気下り坂の5/5にかぐらに行った。スキー自体が1ヶ月ぶり、筋力も多少落ちているため、コブで滑るのか心配。

朝3時出発、みつまた駐車場には7時着。駐車場の入りは1/5くらい。プリンスのただ券を入手し、運行開始直後のロープウエイで登山開始。みつまたゲレンデはまだまだ全面滑走可能。積雪は2mくらいありそうだ。
かぐらエリアも雪はタンマリありそう。
9時から運行開始した5ロマンで山頂へ。雪面は汚れているが積雪は十分。
田代湖も碧色。
今日は清水さんがKEI-SKIの試乗板を持ってきていたので、何台か借りて試乗。(清水さんは5/3~5/5の3日間、野沢からかぐらまで通いとのこと。ご苦労様でした。)

簡単にインプレッション。

・ARX15(168cm)
履いた瞬間は、どっしり、がっちり、分厚い、重い、という印象。滑ってみて重さは安定感に、分厚さはターン始動期からの捕らえの確かさに変わった。春の腐った雪でも谷周りから雪面の捉えがスムーズで確実。余計な重心の前後移動は不要で、曲がりすぎることなく、期待通りの円弧を描きながらターンしていく。コブの中でも硬すぎず、スウィングウエイトも軽く、容易にターンができる。

・EZO 74(170cm)
今期モデルからキャップ構造に変更し、軽くなった。74というモデルはトップがややロッカーになっている他は普通の形状。プレートは無し。腐った雪での整地大回りはARXに比べれば安定感はないが、楽~に滑ることができる。特筆はコブの中。トップのしなやかさのお陰で先落としした時の感触が良い。

・EZO 100(184cm)
モデル名の数字はセンター幅を表している。形状はフルロッカー&ツチノコ。腐った雪ではぎりぎりカービングターンできたが、不安定。この板の基本はいつでもどこでもゆっくり&ずらしなのだろう。この長さでコブに入れるのか不安だったが、ずらしながら優しくコブを滑ることができた。

10時過ぎから霧雨が振り出したが、本降りになることはなく、15時くらいには晴れ間も覗いた。ゲレンデの混みも4連休前半に比べれば大したことなく、リフト待ちもほとんどなかった。

その代わり1ヶ月ぶりということもあり、午前中ですでに足が攣り、コブを思う存分楽しむ状況ではなかったことが心残り。


帰りは遊神館で休憩し、伊香保から高速に乗った。18時頃は渋滞40kmとニュースでは話していたが、高坂付近で5kmほどの軽い渋滞があっただけで順調に流れた。自宅には23:30着。さすがに全身筋肉痛。

0 件のコメント: