2014年5月11日日曜日

ささやかなコブ祭り(2014年5月10日@かぐら)

小林さんと2人だけのコブ祭り。
3時起きのはずが、4時過ぎに小林さんからの電話で起こされた。やばい。
高速はノンストップ、いつもより+30ほどで急いだら、7:20分にみつまた駐車場到着。セーフ。

現地で、大井さんと合流。
早めの昼食時に、神谷さん星さんに遭遇。
また小林専門員と間宮さんにも遭遇。午後にワンポイントレッスンをしてもらった。
またすーさんとえりこさんにも遭遇。
佐藤達也さんにも遭遇。
スキー馬鹿のみんさんが大集合していた。

先週より緑は増え、雪は若干薄くなった。
それでもみつまたの右側のコースは全面滑走可能。
午前中は風は強く、第1ロマンスのみ。クワッドが稼動しないため、ゲレンデには人がまばら、リフト待ちは20分。仕方ないので早めの昼食で、リフト運行を待つ。
昼くらいからクワッドも運行開始。テクニカルもコブが深すぎず、形も良く。滑りやすい。


楽しかった1日はあっという間。また来週来たいな。

小林専門員からのワンポイントレッスン内容。

  • 動作は足元から。足元を動かしエッジを切り替え、その後踏むことで重みのあるターンができる。「踏む」については、折りたたまれている”次の外足”を伸ばしていく動作であることだと解釈した。これは、今シーズンはじめから取り組んでいる”次の外足”の脛で前斜め方向に押しながら切り替えをする方法と考え方が一致する。
  • コブの中での谷足と股関節によるタメをしっかり取ること。
  • コブの中でストックを高めに持ち、雪面に突くというより、前に振り出し軽く雪面に当てるくらいの方が、バランスが取りやすい。思いっきりついてしまうと、雪の中に深く差し込んでしまい抜けなくなったり、突いた腕が後方に取られたりする。

0 件のコメント: