2013年11月3日日曜日

大菩薩嶺 (2013年11月3日)

山梨県甲州市にある大菩薩嶺に行ってきた。

朝6時出発、相模湖IC~大月ICだけ高速を使い、国道20号~県道218号(大菩薩初鹿野線)を使い、上日川峠へ到着したのは8時半過ぎ。駐車場は第3駐車場。ここからも富士山がくっきり見えた。
今回は上日川峠~石丸峠~大菩薩峠~大菩薩例~上日川峠の順で大きな三角形のルートを選択。
出発地点の上日川峠にあるロッヂ長兵衛。(9:30)
石丸峠に向かうルートの前半はなだらかな落ち葉道。このルートを歩く人もまばら。
途中で舗装道路を横切り、ここから急な登り道に変わる。(10:10)
一気に高度を上げ、熊笹の生い茂る場所に出た。笠をかぶった富士山がくっきり。(11:00)
まもなく石丸峠に到着(11:20)。少し菩薩峠側に登ったところで昼食&少しだけ昼寝。
 昼食後は菩薩峠に移動開始。しばらく急な下り坂が続き、周囲一面にはコケ。
大菩薩峠に到着。(12:30)
大菩薩峠から大菩薩嶺に向かう稜線はあまりアップダウンがなく、周りの景色の鑑賞に没頭。左側を見ればいつでも富士山を拝むことが出来る。
 賽の河原。
振り返ればいつでも富士山。
神部岩からの富士山。
本日の最高地点、大菩薩嶺2057mに到着。周りが木々に囲まれ眺望は効かない。(13:50) 
雷岩に戻り、そこから下山開始。カラマツの紅葉がきれいだ。(14:15)
福ちゃん荘付近のカエデ。
福ちゃん荘できのこ味噌汁300円。美味かったが、きのこはシイタケ、エノキ、シメジ、マイタケといった普通に買えるものだけだった。山のきのこを期待していたのに、これで300円とは…。 (14:50)
駐車場付近の遊歩道脇で見つけた黄色いキノコ。カベンタケというらしく、食べられるそうだ。でも美味くも不味くもないとのこと。
登山終了後は、県道218号を半分くらい下ったところにある温泉へ。泉質はアルカリ性で肌がぬるぬるして気持ちいい。脱衣場や洗い場が狭めだが500円ならギリギリ許容範囲。 (16:10)
温泉付近の紅葉も見事。

3連休の中日なので当然ながら高速道路は渋滞。国道20号を大月ICの手前まで走り、手前から都留市に抜ける山道を走り、禾生から県道35号を使って帰宅。温泉からの所用時間3時間程。

0 件のコメント: