2013年10月15日火曜日

丹沢山 (2013年9月23日)

ブログ上では前後するが、赤城山に行く前の週に丹沢山で足慣らし。今年から道路に赤白ポールが登場。駐車しにくいが、堂々と駐車できるので大歓迎。
林道沿いの川は相変わらずの爆音を響かせていた。
舗装された林道を歩くこと1.5時間、5km。雨量観測所から登山道へ。
しばらくは杉林。
その後ブナやカエデの林に変わる。甘酸っぱいにおいがたまらない。
ここまで来ればあと少し。
徐々に霧が立ち込めて来た。幻想的だが、山頂では富士山はおろか何も見えないということだ。
山頂到着。やっぱり真っ白。
霧のため体感温度は10℃以下。カップ麺と味噌汁をすするが体は温まらない。
何も景色が見えず寒いので昼食後すぐ下山開始。
登りとは違うコースを下山。尾根沿いをゆっくり高度を下げていく。途中の杉林は露出した根っこがビッシリ。根っこさんゴメン。
この大きなモミの木の場所まで来れば、ゴールはあと少し。ここからは一気に下る。
登山道を抜け、林道に到着。
先日の大雨で舗装上に土砂が流出していた。
あと1kmも下れば駐車場に到着。

今回の行程は、8:30出発、10:00雨量観測所、11:30山頂、12:30下山開始、15:00駐車場戻り。

0 件のコメント: