2013年8月17日土曜日

鳥海山登山(2013年8月12日)

前日の8/11(日)に新潟経由で山形と秋田の県境までドライブ。高速を使わず11時間かけて下道で。象潟にある道の駅の展望風呂(温泉)で汗を流す。夜でも気温は28℃あるため、ここでの車中泊は無理と判断し、ブルーラインを登り標高1100mにある登山口駐車場へ移動。気温は20℃前後まで下がったが、夜は雲の中、つまり湿度100%。湿度が誤算だったが、何とか睡眠を取ることが出来た。
朝5時起床(少し寝坊)、6時頃登山開始。
しばらくは観光客用に整備された遊歩道。
登り始めてすぐにある展望台から山頂方面を眺めるが、雲で良く見えず。
1時間も歩くと早速雪渓に出くわした。この辺まで来ると既に周囲に木立はなく低木や笹になる。お陰で見晴らしがいい。
チングルマなどの花々が気分を和ませる。
 登りは千蛇谷のコースを選択。
一旦急坂を下ると大きな雪渓が見えて来た。

 雪渓のあとしばらく登ると山頂の神社に到着。
 山頂(新山)までは岩だらけの斜面を登る。
 40年くらい前に噴火し新山が出来たそうだ。だから出来たての山肌は岩だらけ。
登るだけでなく、洞穴を一旦下る。
山頂はシンプル。2236m。
山頂で撮影した180℃パノラマ写真。岩しかない。
昔の山頂である七高山山頂越しに新山を望んだ写真。
新山と七高山の間にも雪渓が残っていた。
下山は写真左側の外輪山の尾根づたい。
 外輪山コースの終端付近から山頂を振り返ったところ。
あとはひたすら来た道を戻る。見えるのは鳥海湖方面。
 途中たおやかな丘を経由する。
 横を振り向くと、千と千尋に出て来るテーマパークの残骸?の風景に似ている気がした。
 再び山頂を振り返る。随分山頂が遠のいたことに気が付く。下山したくない~。
 登りではガスで綺麗に見えなかった鳥海湖。

 鳥海湖の反対側の景色。
登山道のほとんどは石畳だが、ほんの一部に設置されている木道は梯子式ではなく分厚い木材を贅沢に使ったもの。この木道なあ歩きやすい。
登り口付近の展望台に戻ってきた。朝はガスがかかり遠くが見えなかったが、夕方は快晴。

駐車場で着替えてから下山し、昨晩と同じ道の駅で温泉。今日はまずまず綺麗な夕日を見ながら展望風呂を満喫することが出来た。


以下おまけ。
さらに下道で移動し男鹿半島付近で車中泊し、日本海沿岸を通って鰺ヶ沢へ。ここでチキンボーを食す。200円でボリューム満点。この日は暑く、熱々のチキンボーを食べ切るのは少々辛かった。

おまけ2。
八戸は種差海岸。高校時代に期末テスト終了後にここに来て海を眺めていたこともあったっけ。ここも震災時に津波を被ったはずだが、芝がきれいに整備されていた。

0 件のコメント: