2013年1月4日金曜日

志賀…5年ぶり (2013年1月1日深夜~3日)

SAF1月強化トレのために、5年ぶりで志賀に来た。
17:00出発、高速代を650円ケチって菅平経由で一の瀬入りしたのは22:30。
宿は一の瀬荘。六階建てで温泉は無し。
志賀にしては雪が少なく、一の瀬近辺で1mあるかないか。
おまけに数日前に雨が降り、氷の粒が転がっている。
天気は初日は晴れのち小雪、2日目は朝から終日雪。

1日目夜の雪のおかげで、
 2日目の翌朝は20cm程度の新雪。


今回は準指受験組を対象にした強化トレーニング。
低速系種目から実践系種目において、切り替え時の体軸の移動、それに伴うフェイスコントロール、内股関節畳みによる外脚への荷重を繰り返し練習。バーンの条件が整えばいい滑りができるので、あとはムラなくコンスタントに表現できるようになれば大丈夫。

講習は15:00終了、16時頃までは居残り組、でも講師2名のみ(涙)で一の瀬を3本ほどフリー滑走。痛かったはずの右膝は特に問題なく、代わりにピッチが狭くリズム変化があるパーフェクタコースのコブで左股関節をちょっと痛めた。硬いコブは相変わらず苦手だ。

宿に戻り、風呂に入り、17時過ぎに下山。中野の定食やに入り、天そばで胃袋を温めた。外ののぼりのように豊富なメニューはなく、少々騙された感があった。


帰省Uターンの渋滞もなく、23時に自宅着。

志賀は9割がスキーヤーであることにあらためて気付いた。スキーヤーも子供連れのファミリーが多く、20数年前のスキーヤーがようやく戻ってきたのかなという感じ。子供が多いのは歓迎だが、昔のようなオシャレ度は落ちた気がする、しかたないけど。

0 件のコメント: