2013年1月14日月曜日

府中市民スキースクール@よませ (2013年1月11日~13日)

今年の市民スキースクールは30数名の市民の方+スタッフ8名。これでも応募時に人数超過でお断りしたり、インフルエンザ等で直前キャンセルもあり、何だかんだでこの人数に落ち着いた。スタッフの人数から考えると丁度いい規模だろう。

天気は2日間とも晴れ。日中は汗ばむくらいの陽気。しかし14時を回った辺りから冷え込んでバーンは締まってくる。
今回は上級班5名を担当。しかしレベルは様々で、某スキー場でスクールのバイトをしている人、20数年前に1級を取得し最近復帰した人、3級所持しているがちゃんと習った経験がない人、3級くらいかなという人、70歳のベテランなど。
レッスンでは、切り替え時に板を雪面にフラットに戻すことを中心にして、そこからの内脚畳みこみによる外脚への荷重を試みたが、短時間ではなかなかうまくいかず。外脚に乗りこめない人が多かったので、もっと基本に立ち返り、シュテムターンや外脚一本での横滑りなども試みた。
最後の仕上げは、気持ちよくレッスンを終わらせることを重視して、トレーンを先頭者を変えながら1時間ほど繰り返した。前の人のスピード、ターン孤、タイミングに合わせたり、または後ろに人に見られているという緊張感を味わってもらったわけだが、生徒さんには好評だった。結果的にはみなさんスピードのレンジがあがったようだ。

レッスン終了後の全体集合写真。今回は子供たちと滑る機会はなかったが、とても満足してくれたようだ。スタッフとしてはこの笑顔が最高の収穫。
おまけは自分の滑り。腰高を意識して滑っているつもり。
初日の午後にメインバーンとチャンピオンコースで撮影。メインバーンは見た目以上にバーンの固さが不規則に変化し凹凸もあり、何度か足を掬われそうになる。チャンピオンコースは上から見ると斜度もあり停止位置の斜度もきついので大周りでかっ飛ばすには勇気がいる。ご覧の通りビビリまくりの滑り。

2日目の昼はビッグベアコースの上部。雪が緩んだナチュラルバーンで気持ち良く滑ることが出来た。

さて、よませから戻って来た翌日の関東は大雪。高速道路も通行止め。この日にスキーに行っていた人には申し訳ないが、ほんとにラッキーだった。

0 件のコメント: