2012年9月30日日曜日

今シーズンのパートナー

今シーズンのパートナーはこの3本。
 
◆OGASAKA TRIUN GS 180cm R23。
レーシングプレートRC600FLとチューンナップ込みで昨年度モデルを6万円ジャストで購入。去年までのelan gsx 185cm R21を捨て、チロリアビンディングをこのTRIUNに移植。自分の身体能力に合わせて、5cm短く柔らかい板にした。これまではスピードについて行けず及び腰で滑っていたが、このTRIUNは身体にやさしい板であることを期待。
 
◆KEI-SKI TL 175cm R18。
KEIは確か'05-'06モデル用に作られた試乗用板なので、今年で8シーズンを迎えるベテラン。3、4年ぶりにチューンナップに出し、さらに自前でビンディング位置を1cmほどトップ側に移動。これまではトップ側のスウィングウェイトの重さが気になっていたので、ビンディング移動でどうなるか?非圧雪、コブ、広いスキー場での大回りでの活躍を期待。特にコブでの扱いがしやすくなるといいのだが、そろそろ経年劣化による破損の可能性も大いにあるので要注意。
 
◆elan slx 165cm。
このelanは多分'06-'07モデル。捨てようと思っていたが昨シーズン破損したVolklの後継機として存続決定。SLは年間で競技1本、練習でも2、3日だけの使用なので、今年はこの板で様子見。プレートはVISTの硬いメタル入りからフィッシャーのプラスチックに取り換え、ビンディングは踵が高くて滑りづらかったSalomonからチロリアに入れ替えた。ともに破損したVolklからの移植。カンダハーではゲージがなくて移植できないと言われたが、グレーシャーでは快くやってくれたので、懐にも大助かり。これで去年までよりはかなり扱いやすくなるはず。
 
 
この夏は、自分用の板は2本捨て、1本新品購入、家族用は2本をBOOKOFFに売却(2500円)。全体で3本減り6本となった。実は5シーズン前くらいのTRIUN-G 180cm R21があるのだが、使う予定なし。子供がGSするならと思い取っていたのだが、今年はやりそうな気配なし。

0 件のコメント: