2012年9月30日日曜日

丹沢山(2012年9月29日)

寝坊した。
6時過ぎに家を出て、登山口に着いたのは7時45分。
 
このルートは車じゃないとアクセスできず、また丹沢山自体が奥まっているので、登山客が少なく静かに登るには良い山。
 
30分弱舗装路を歩き、ここから一気に登る。今日は天王寺峠側から。
しかし今日は身体が重い。なかなかペースが上がらない。すぐバテる。頭痛もしてきた。
 
杉林とブナ林の境界付近。
 
ブナ林で霧が出始めた。ちょっと幻想的。今日はまだ誰にも会っていない。(今日1日でも30人くらいにしか合っていないと思う)
 
堂平ルートからの合流地点を過ぎ、ガレ場に到着。霧はすっかり晴れた。
 
ガレ場を登りきったところで振り返ると、遠くに座間市周辺が見渡せる。台風の影響で雲の流れは速い。
 
間もなく丹沢山山頂に到着。
しかしこの山頂は景観が良くないので、蛭ヶ岳方面に移動。写真中央に見えるのが不動ノ峰、右の奥が丹沢山系の最高峰蛭ヶ岳、左遠方には富士山の山頂が雲から顔を出している。
 
不動ノ峰の登り途中で丹沢山を振り返ったところ。
 
不動ノ峰への登りは一面笹原。時折吹く風で、笹の葉の裏側が見え隠れし、銀色の波がさわさわと走っていくようだ。
 
標高1500mを越えると空気も澄んでくるが、2週間前に行った日光白根山などに比べると山の匂いが薄く感じる。
 
不動ノ峰の休憩所に到着。
 
5分程藪の中を下ると水場がある。今年は水量も十分ある。ここで水補給。
 
カップラーメンでぼっちめし。
 
帰りは堂平雨量観測所経由でひたすら下る。
 
8:00登山開始、11:30丹沢山山頂、12:30不動ノ峰休憩所、13:30まで昼食&昼寝、16:30塩水橋に帰還。スタート410m、丹沢山頂1567m、標高差1157m。

0 件のコメント: