2012年9月17日月曜日

2012年9月16日 日光白根山

10ヶ月ぶりの登山は日光白根山。丸沼スキー場の奥に見えるあの山。この写真(↓)はイメージです。
 
今回はスキー場のゴンドラを使って登るコースではなく、さらに金精峠側にある菅沼登山口(標高約1750m)から入山。
 しばらくは緩やかに木漏れ日の中を進むが、この先は急坂の連続。岩場や木の根、ガレなど様々。
 半分くらい登ったところにカニコウモリ(キク科)の群生。たしかに葉の形がカニのようでもありコウモリのようでもある。
中間地点の弥陀ヶ池で小休止。ここで霧雨が降り始めた。
 今回は、菅沼登山口→弥陀ヶ池→座禅山火口に寄り道→白根山山頂→避難小屋→五色沼→弥陀ヶ池→菅沼登山口というコースを辿った。
座禅山の火口に立ち寄ったが霧で良く見えず。引き返し白根山山頂を目指す。ご覧のようにガレと岩場の連続。
 登りきったところは尾根で丸沼側への断崖絶壁。
ようやく山頂。霧雨で景色は全然見えず。
山頂は群馬と栃木の県境。栃木の看板(上)と群馬の看板(下)が2つ立っている。このとき気温は10度丁度。
 天気が悪く景色も見えないので休憩もそこそこで五色沼方面に下山。今日は九州西方を通過中の大型台風の影響で南風が入り、この南東斜面には霧雨が叩きつける。しばらく下ったところから樹林帯になり一安心。
1時間ほど下り五色沼に到着。一瞬霧は晴れ、沼の全体を見ることができた。 
振り返るとさっき下ってきた白根山が一瞬姿を現した。晴れていたらきっと素晴らしい景色だろうなぁとちょっと未練。
 弥陀ヶ池からは来た道を戻る。 
ようやく急な坂も終わり、薄暗くなりかけた17:30に登山口に帰還。
 
汗でべとべと、全身疲労困憊。こんな時は温泉に限る。片品の中心街にできた「ほっこりの湯」へ。お湯は片品っぽい、ほんのり匂う温泉。  
夕飯は沼田市街まで下り、数年ぶりの馬鹿旨。味噌ラーメンを半分食べてから、ラー油と酢を加えるのが私の定番。個人的には酸辣湯風ラーメンに変身すると思っているのだが…。
 

0 件のコメント: