2011年12月29日木曜日

2012年度 指導員研修会@菅平

12月の研修会でシーズン本格稼働という気分になる。天然の積雪はほぼゼロなのだが、降雪機で太郎山の3コースが滑走可能。あっぱれ菅平。


私が班分けされた20班の講習風景。講師は濱野講師。
声の感じは、TVショッピングで有名な北義則氏に似ていると私は思うのだが、本人は初めて言われたとのこと。

研修会では今でもプルークスタンスがお決まりのスタイル。
今年のテーマは、内脚股関節の畳みこみによる谷側への重心移動とエッジの開放、そして谷周りの導出、滑走面の連続的な変化によるフェイスコントロール、だと理解していますがどうでしょう?


2日目午後は5時まで居残って小回りの練習。ここ数年小回りに違和感あり。今回の研修テーマも取り入れながらひたすら小回り練習したが、う~ん、動画見ても何も変わっていないなぁ~。

0 件のコメント: