2010年1月30日土曜日

2010年1月23日~24日 グレーシャーカップ@よませ

今年初めてグレーシャーカップに出場。
場所はよませ、宿はNEC府中の方にお願いしてケルンに宿泊。
前日金曜日の夜8時過ぎに家を出て、naoさんを拾い、12時半に宿着。
現地は雪が降っていて、きっと明日は柔らかいバーンでのレースとなりそう。



翌日は雪も止み、天気は最高。でもバーンが柔らかく、気温も0度前後で
自分の番が来るころにはホレホレになっていること間違いなし。
まずは前走の上手い人たちのお手本滑り。
流石の彼らもこの軟雪に手を焼いている模様(でもほんの少し)
video
さて私の番。
しかし運の良いことに、私の直前の人の時に計器トラブル発生。
5分以上レースが中断し、コース係りの人たちが丁寧に荒れた個所を直してくれた。
実際滑ってみると深い溝になってはいたが、膝に振動が伝わるような凸凹はなく
快適に滑ることができた。でももう少し内側を攻めることができたら良かったが
後の祭りである。
結果はトップと3秒差の34位(169人完走)。
video
2日目は初日よりはバーンが締まり滑りやすかったはずだが、守りの滑りをしてしまった。
結果はトップと5.5秒差の71位(194人完走)。
レース終了後、某F氏から指導を受けた。
長年の謎、自分の欠点がようやく理解できた。
切り替え時に山側の足に重心が残ったままだった。
だから切り替え前後で板がズレ落ちていたし、
切り替えで「ヨイショ」しないといけなかいという違和感があったし、
谷周りがなくすぐ板が下を向いていたわけだ。
エッジは雪面に対してフラットに戻さず(地球に対してフラットにし)、
重心(腰)を谷スキーの上に十分移動させ(いわゆる外向傾になる)、
そのあとで膝を返すことでエッジを返していく。
頭では謎が解けた、あとは実践のみ。

0 件のコメント: