2009年12月23日水曜日

2009年12月20日 Yetiオールナイト

神戸の研修所から家に戻ってきたのは19日(土)夜8時半。
世の中は今年になって初めてのまともな寒波襲来で、
各地のスキー場はにぎわっている様子。
当然オレだってスキーに行きたいわさ。
新幹線で1,2時間ほど寝てきたので特に疲れもなく、
「そうだ、Yetiに行こう!!」

飯食って荷物準備して、11時に家を出発。
数日前に某元F1レーサーが遭難した御殿場登山道入り口を経て、
日が替って20日深夜0時半にYeti到着、1時から滑走開始。

風はなく、空は快晴の星空。
しかし夜中ということもあり気温は-7~-8℃。
ゲレンデは今日から2コース(ともに緩斜面)がフルオープン。
ほぼ一定斜度のAコースと、うねりのあるBコースの2本。
これはBコースを下から撮った写真。
11月に行くとここはゴルフコースで時々キツネなどが出没する。
先週の研修会で確認したポイントを再確認。
そして2日後に志賀のスキー教室に出かける娘の足慣らしも兼ねる。
・フラット→落下運動
・切り替え時の荷重移動の方向と量
・外脚含め動き続ける/ずれ落ちるエッジング
をひたすら確認。

しか~し、寒すぎる。
特に足の指先が1時間しかもたず、スキーハウスで休憩。
室内の暖かさで睡魔に襲われ30分ほど熟睡。
また滑り出すが、やはり1時間が限度。
朝焼けの富士山を拝みたかったが、体力の限界により4時で撤収。

滑っている時は寒さのため気が付かなかったが、帰りの車の中では
徐々に体が温まってきて、それに伴い強烈な睡魔もやって来た。
何度もガードレールにぶつかりそうになり、途中のコンビニで仮眠。
フラフラになりながら、7時半に自宅にようやく到着。
オールナイトって結構大変なのだと初認識したのであった。

0 件のコメント: