2009年6月28日日曜日

2009年3月8日 アルペン試乗会@菅平ツバクロ

アルペンの試乗会(無料)に参加。
昨日の土曜日から参加しているコバさんと現地で合流。
昼食は日の出に移動して食事処つかだでおろし蕎麦(大盛り)。
帰りは湯楽里館というコース。

ツバクロエリアは初めてだったが、ポールなどの練習には手頃な斜面構成。
バーンは朝はカチカチだったが昼前から緩んできた。

【遥 SALOMON 24hour】


【私 Hart 184-R23】

試乗した板の感想は以下の通り。

Hart
技選大回り用という183cm R24にだけ乗った。
滑りだすと「ヒュイーン」と音がする。(謎)
バタつかず安定感あり、長さも感じさせない。
レーシングモデルとはちがってフレックスが柔らかくて扱いやすいらしい。
普通に中回りもでき、乗りやすいのだが、板の走りは感じられない。

Elan
GSXとSLXを試したが、今まで通りという感じで、好印象であることは確か。
しかしお気楽な板ではなく、GSは私には扱い切れなかった。

K2
Spritfire Sはタイムこそ出ないと思うが、普段も含め履きたいと思わせる一品。
ガッツリ雪面を捉えるわけではなく、適度にずれるのだが、反応が自然で乗りやすい。
ハードバーンでもグサグサ雪でもトップからテールまで全体が使い切れる感じがあり、
安心して突っ込める。

ReIsm
この会社は白馬村にあるが、工場はブルーモリスの青森工場とのこと。
プレートも付いていなくて、パークで遊ぶだけのための板のように見えるが
乗ってみるとかなりしっかりしていて、乗り味は他のメーカーとは一線を画す。
デザインもいい。(http://lt898.com/reism/top.html

ATOMIC
昨年までのエッジが噛んだら離さないという感覚が薄くなっていて
とても扱いやすく素直な感じだった。
娘も一押し(買ってあげられないけど)

SALOMON
3Vにだけに乗ったが、エッジのチューンがよくなく横にも縦方向にも
引っ掛かり、板が全然走らなかった。
でもその他の感触は良かっただけに残念。

というわけで、印象に残ったのは
K2 Spritfire-S
ReIsm
普段履き用にReIsmが欲しい。

0 件のコメント: