2008年8月31日日曜日

2008年4月5日~6日 野沢温泉(ランキング記録会GSL III)

大会当日早朝に関越道の石打経由で野沢へ。
2:30出発で7:00到着だったかな?
宿はいつもの内伴さん。はるかとすなおが同伴。

去年は雪不足でやまびこコースに変更されたが、
今年は積雪十分で予定通りカンダハーコース。
天気は晴れ、気温は10度以上か?
コースはすぐに荒れてしまいそうなコンディション。
インスペでコース表面が鉛筆削りのようにきれいにそぎ落とされていく。

100人以上滑ったあとのスタートなので、いつものようにコースは荒れ放題。
というよりは掘れた溝をあえてなぞるように滑るのだから救いようがない。
それに加え、自分には長すぎるタフなコースであるため、
中間地点くらいから体力も尽き果て、負のループに陥る。
ご覧のようにエッジが効かず、ターン始めから終わりまで膨らみ放題、よれよれのゴール。
video


初日の結果は完走112人中85位、2日目は完走112人中86位。
なんか毎年順位が落ちていくような気が・・・。

(結果に力を失う自分・・・毎年のことだが)

唯一幸運と言えば、佐々木明が2日目の前走をしてくれたこと。
女子の前走と男子の前走の2本滑ってくれたので、
スタートとゴールの2箇所で滑りを見ることができた。
すご過ぎて参考にならなかったが、速さといい、
エッジングで弾き飛ばされる雪の量といい半端ではなかった。

それから、ちょうどこの期間中は野沢温泉村主催の試乗会が
日影ゲレンデで行われており、KEI、ROSI、OGAなどの板を試乗できた。
ELANやNORなども試したかったが試乗板がなく、主にKEIに乗っていた。
KEIのブースには吉田ミキコ氏がいて、アドバイスをもらいながら試乗。
今回初めてR27の板(KEIの190cm)を試したが、どうにもできなかった。
どうやったらターンできるのか?倒しすぎると転びそうになる。
吉田氏によれば、階段を下りる要領で内足をたたみ外足を押出しながら荷重する感じらしい。
そのアドバイス後の滑りが以下の動画。全然生かされていない。
video
吉田氏にも指摘されたが、ポールに直線的に突っ込んでいるため、
ターン後半に落とされる。もっと上から攻めるようにとのこと。
ごもっともです。

レース後は子供たちとやまびこゲレンデでリフト終了まで。

video
video

帰りはまた石打経由。
時間的には上信越経由より不利だが、ドライブと割り切れば
石打経由の方が疲れない。来年以降もこのコースになるだろう。

0 件のコメント: