2008年8月3日日曜日

2008年3月8日~9日 岩岳(ランキング記録会GSL II)

初めての岩岳。
そして、はじめての岩岳でのレース。
ランキング記録会はこれまで横手山、菅平、野沢で滑ったことはあったが、
岩岳は今回がはじめて。
どんなコースなのか、どんなレベルの連中が集まるのか未知数だらけ。

当日朝3時に自宅を出発し、4時前に八王子IC、
中央道経由、7時に岩岳到着。
今回の宿は「切久保館」。あの切久保美雪の実家。
ただ技術選の前の週なので当然本人は不在。

8時半位に大会コースのゴールでゼッケンを受け取る。
いつもは3桁のゼッケンだが、今回は2桁。えっ!?
参加人数が野沢大会などに比べて半数以下。人気がないのかな?
でもコースが荒れないうちに滑れそうなので大歓迎。

天気は晴れで気温も徐々にあがり、雪面も柔らかくなり始めた。
インスペでもコース下部では横滑りで表面のの雪がどんどん剥がれていく。
ちょっと不安。
さてスタートは人数が少ないので10時半くらい。
コース上部は荒れが少なく滑りやすかったが、
後半では溜まった雪に足を取られたり、
剥き出しになったアイスバーンでズルズルしてみたり、
結局はいつもの自分らしい(爆)滑りとなってしまった。

下は2日目の滑りだが、直線的にポールに突っ込み、
アイスバーンで膨らみ、溜まった雪に突っ込み減速というパターンの繰り返し。
欠点は分かっているが、なかなか克服できない。
video
とまぁ、2日とも11時前にはレースは終わり。
結果は初日41/54位、2日目37/50位。

そのあとは子供たちと岩岳を満喫。

頂上付近は御椀型になっていて広い中斜面。気持ちいい。
山の裏側には急なコブ斜面あり、中急斜面の整地ありで、ストレスなく楽しめる。
ただ隣の八方と比べてしまうと、さすがに2日間もいるとちょっと飽きてしまうかも。
video
video
video

廃線となった古いリフトを見つけて興味津々と観察する子供たち。
いつものことだがマニアック。

切久保館はきれいで食事も十分満足。
お風呂は温泉ではないが、清潔で十分な広さ。

帰りは岩岳と八方の中間にある温泉に立ち寄った。
鉄成分が多く茶色く濁ったお湯は気持ちが良かった。
岩岳は遠い。片道225km。
でも下道は混雑知らずで快適なので、それほど苦ではなかった。

0 件のコメント: