2008年1月23日水曜日

2008年1月4日 馬門温泉

我が家の子供たちの数年来からの夢は八甲田でスキー。
天間林の滞在時間は2泊3日と短い。
八甲田に行くなら今日しかない。
しかし・・・朝起きたら吹雪だった。

と言うわけで八甲田はあきらめ、馬門へ。
海(陸奥湾)が見渡せる風光明媚?なスキー場なのだが、
ご覧の通り気持ちも寒くなる寂しいスキー場。


でもいいところはあって食堂のめしが結構うまい。
ラーメンは素朴だがスープがうまい。
写真は勝手に半分以上食べられてしまった親子丼だがこれもうまい。


とにかく、大人にとっては特に面白いゲレンデではないので、
子供たちを勝手に滑らせ、私は今回はボードに徹することを決意。

なんと言っても脅威なのはリフトを降りるときに失敗しないかである。
そのリスクを避けるために、リフト券を買わずに歩きで登るのを選択。
登っては滑りを繰り返し、滑っては転んでを繰り返した。
初めはまっすぐ下にずらしで降りることから初め、木の葉落とし、
そして爪先側のエッジでの滑走、ターンらしきものへチャレンジ。

リフト終了間際に(く)からリフト券を借りて、短いリフトと長いリフトにチャレンジ。
リフトから降りるのも成功し、斜面を降りてくるのも数回転びながらだが成功。
video

ようやくボードが楽しくなり始めたって感じ。

0 件のコメント: