2008年1月8日火曜日

2007年12月31日 八幡平リゾート下倉

2007年最後の日。

安比は何かコースが好きになれないし、
雫石は石ころが転がっているし、
岩手高原は雰囲気が寂しいし、
網張は番外だし、
八幡平は営業休止中だし、
ということで今まで対象外だった下倉スキー場へレッツラゴー。

7時出発、区界峠はしっかり銀世界、盛岡も真っ白。
下倉へは10時到着。駐車場は50台程度。
天気はモッサモサの雪模様。気温-3度。でも風は弱い。

リフトは縦に3本、いずれも低速ペアリフト。
リフト降りるまでに体中が雪まみれ。
コースは上から上級、中級、初級と分かりやすい構成。
上級、中級コースを中心にして滑る。


滑り始めは11時過ぎだったにもかかわらず、至るところにパウダーの残骸あり。
ご覧の通りみんなチョウご機嫌。




昼はみんなでラーメン。
私は”塩レモンラーメン”(650円+大盛り200円)。

想像ができる味だけど、いままで出会わなかったのが不思議。
ご覧の通りレモンは1枚だけなので酸味は少なく香り中心。
食べる前にレモンの香りでよだれが出ます。

食堂でラーメン食べていて気付いたのだが、ここのスキー場はファミリーは
中高年のグループがほとんど。
ジジババのツアー客や、ヘルメットかぶったじいさんが多い。
残り半分はパウダーにはまったボーダーの若者。
客層に特徴のあるスキー場なのだ。

最後に我が娘のかわいい1シーンでお別れしましょう。

0 件のコメント: