2007年12月23日日曜日

2007年12月22日-23日 指導員研修会@菅平

いつもなら金曜夜に菅平入りするのだが、今年は金曜日が大阪出張。
帰宅時間が読めなかったため、土曜日の早朝に移動することになった。
朝3時頃に自宅を出発し(里)さんと(平)さんを拾って7時半頃にハヤシヤさんに到着。

去年の日の出ゲレンデはきれいな芝生だったが、今年はちゃんと雪が着いている。
唯一滑走不可能なのは表太郎ゲレンデ。
十分とは言えないが去年に比べれば恵まれていると考えるべきだろう。感謝感謝。
こちらは初日集合直前のシーハイルコースの様子。


今回の講習班は29班、講師は竹川講師(ニノックス)。
何となく舞の海関に似ている。


講習内容は外足の操作、足首/膝/股関節/肩の各関節を
有効に動かすことが主なテーマ(だと解釈した)。

やったこと
・摺り足で斜滑降(ターンが発生しない程度の左右関節の動き)
・プルークスタンスで、次の内足を緩めて切り返し、次の外足でターンをする
・ストックを両手に順手持ちし水平に構えて滑走
・ストックを頭上に持ち上げて滑走(腰からの回旋が現れる)

指摘されたこと
・(プルークスタンスで)外足を回旋させながら動かし続ける
・摺り足の要領で2軸の動きをする
・切り替えでは外足(次の内足)の角付けを緩め次のターンの導入をすること
・大回りではストックを前に突かない(前に突くとブレーキ要素になる)

そして夜は毎度のことながら日の出でナイター。
宿の娘さんの(と)さんの指導を7時半から9時半まで受ける。
・切り替えはゆっくりと慌てずに
・切り替えでの前傾姿勢
・肩で回旋させようとせず、足、腰から回旋させること
・外側の腕を下からすくい上げるような動作
・逆に内側のの腕は持ち上げる
・小回りではあごを上げる(上に突き上げる)と体が遅れない



2日目は1日目の続き。
12時の閉会式で無事終了。


その後4時半まで居残り組み6名で練習。
ひたすら切り替えでの動作を確認。


帰宅はあぐりの湯経由で24時頃。
2日間滑った滑った、内容も濃かった。

0 件のコメント: