2007年11月3日土曜日

2007年11月3日 狭山

当初の計画では11月3日が初滑りの日だった。
そして場所は去年と同じ軽井沢のはずだった。

しかし前日の11月2日にイエティで初滑りをし、 夜中1時に帰宅した
ものだから、案の定、翌11月3日は朝寝坊。
8時に家を出たはいいが、紅葉真っ只中の行楽シーズンの土曜日。
FMでは「関越道は高坂SAを先頭に30kmの渋滞」を告げていた。
さらに15分後には「事故のため東松山を先頭に40kmの渋滞」。
現在時刻10時、現在地八王子、さて軽井沢には何時に着くだろう?
どんなに早くても13時、でもきっと14時。営業時間は16時まで。
・・・
もう迷いは無い。軽井沢あきらめ狭山に方向転換。

狭山には10時40分到着。11時にはリフト乗り場へ。
駐車場は半分くらい埋まっており、リフトも既に10分程度待ち。
でも軽井沢はもっとひどいはず。狭山で正解だと自分言い聞かせる。
同行した(ス)にとっては初めての狭山、さらに初めての屋内スキー場。不満のはずがない。


雪質は15年前(ほんとにご無沙汰です)とは全然違って、普通の春の雪。
昔は氷を砕いたというのがはっきり分かる透明な雪。
でも今はちゃんと白いしエッジも噛んでくれる。

11時から21時まで休憩を挟みながら10時間、よくもまあ滑った、滑った。
前半はずらしを多めにした小回りや中回りでポジションの調整。
徐々にタイミングを早くしてみたり、スピードをあげてみたり。
ブーツの中でつま先を持ち上げ、かかとで立つ感覚で滑ったり、
脚のアウトサイドに意識集中してみたり、谷周りでの重心移動を多めにしてみたり。
なかなか乗り切れなかったが、18時くらいから感覚が戻ってきた感じ。



途中平石君や小田(もと加藤さん)さんとも会うことができた。
吉田デモや石井俊一などの姿も見かけた。
時期的な事情もあり、人種的にとても濃いスキー場である。
斜面的にはたった300m強のコースだが、コース幅、斜度など総合すると、
(ほぼ)初滑り用としては満足のいくゲレンデだった。

0 件のコメント: