2007年9月2日日曜日

今シーズンを振り返って(2007/3/31-4/1 野沢)

今回は東京都ランキング記録会。今年は異常なくらい雪が少なかったため、1月と3月の記録会は中止。実は今年は3月の岩岳の記録会にエントリーしていたのだが出場できなかった。そしてこの野沢の記録会が今シーズンの最初で最後の記録会となった。しかもその野沢も雪不足のため、いつものカンダハーコースが使えず、山頂のやまびこゲレンデでの開催に変更された。


カンダハーが使えず残念と言いたいところだが、昨年、一昨年とカンダハーを滑ってみて、自分の力量では全然歯が立たないことは歴然たる事実であるため、やまびこへの変更は個人的には喜ばしいのである。

宿はいつもの内伴(うちはん)さん。比較的空いている中尾の湯のそば。土曜当日3時くらいに家を出て尚人さんを乗せて、内伴さんには7時頃到着。準備を済ませていざ山頂へ。ちなみに、野沢は日陰ゲレンデはかろうじて(無理やり)営業していたが、基本的に下半分は滑走不能という悲惨な状況。記録会(GS)はやまびこの真ん中のコース。コース長が短いため2回の合計タイムで競うことになる。


初日の天気はまあまあ。薄っすらと雪が積もりバーンは柔らかめ。(好み)インスペクションをするものの素人の私には相変わらず攻め方が分からない。で1本目。おっかなびっくりで滑って、もちろんタイムは下から数えた方が早い。前半抑えすぎた。2本目ではもっと前半攻めてみよう。・・・徐々に風が強くなってきた。放送が「リフトが止まるかもしれない」と脅す。でも止まるほどひどい状況ではない・・・のに「強風のためレースキャンセル」だと。みな納得できないまま下山。途中雨が降ってきたので、まあ仕方ないか。

2日目。夜中の雨は上がったが山の上には雲がかかっている。案の状、山頂はガスで視界10m程度。時々晴れるがまたすぐガス。そんな中でレースは始まったわけだが、1本目はやっぱり安全マージン取り過ぎ。ラップが41秒のところ私は49秒。2本目は攻めを試みたが、コースが荒れていたためビビッてしまい、ラップ39秒に対し48秒。2本トータルで完走者114名中79位という人にはあまり教えたくない結果で終了。

これ(↓)2日目の1本目。自分のレース中の動画を見るのはこれが初めて。つねにおっとっと状態で乗り込めていないんですね。

video

コースはカンダハーより簡単だが、それでもビクついている自分が情けない。でもレースはやっぱり楽しい。来年もまたチャレンジだ!!

0 件のコメント: