2007年8月26日日曜日

今シーズンを振り返って(2007/3/17-18 志賀高原)

今シーズンのファミリーお泊まりスキーは蔵王ではなく志賀高原にしました。
子供たちにとっては憧れの志賀高原。
数年前に春スキーで横手・熊の湯に連れてきたことはありますが、
全山たくさんのコースを滑ってみたいとせがまれていました。
それがようやく実現です。

土曜日早朝4時くらいに家を出発し、初日は一の瀬エリアに向かいます。
湯田中を過ぎたあたりから昨晩の降雪で路面は真っ白。
306では平気だった登りも406ではやっとこさでした。

8時半くらいに無事到着。高天原の駐車場にとめて滑走準備開始。
まずは高天原を1本。雪は新しくコースは空いてて気持ちイイ!!
そのあと東館山を滑り降り、発哺ブナ、ジャイアント、蓮池、丸池、サンバレー。
お昼は丸池の志賀飯店でラーメンやチャーハン。


7年くらい前に食べた時はもっと美味しかった気がするが、気のせいか・・・。
午後は西館山を登り、高天原に戻り、一の瀬、寺子屋、ダイヤモンド、焼額山、奥志賀へ。
一の瀬についた頃から雪が舞い始め、徐々に風も出始めた。


ダイヤモンドでママさんがレストランに居残りとなり、
私と子供たちとでリフト終了の17:00を気にしながら奥志賀までめざす。
結局、焼額と奥志賀は1,2本ずつだけ滑って終了。急いでママさんの待つダイヤモンドに帰還。
初日は後半の吹雪とゲレンデ間の移動のお陰で、消化不良だったかも。
とにかく広く浅く奥志賀~サンバレーエリアを渡り歩きました。

宿泊は熊の湯の「ホテル一望閣」。ゲレンデまでは5分足らず。
1泊2食 家族5名で32000円也。会社補助で0円。
温泉は硫黄臭い乳緑色の天然。いい湯です。
食事は和洋中なんでもありのバイキング。でもお味はイマイチでした。


さて2日目は・・・天気吹雪。横手山を望む絶景(こんなイメージ↓)を期待していたのに残念。

大人は外に出るのも躊躇しているのに、子供らは果敢にも吹雪の中に・・・。
30分遅れで大人もゲレンデへ・・・寒い(ぶるっ)・・・
なんだけど、膝まで隠れるパウダー!!4,5本ですが満喫しました。


その後は笠岳、横手山、渋峠、前山を制覇。
渋峠はグワッドは停止していました。もしかすると今シーズンは動いていない?
横手山山頂ではもちろんパン屋へ。
パンも美味しかったけど、かけうどんも美味かった。寒さのせいかも。


夕方ようやく雪は小康状態になり、少し太陽も差したけど、寒さは相変わらず。
でもご覧のように熊の湯第1ペアの最後の乗車客となりました。


スキーのあとは宿で温泉に入り、夕食は麓の回転寿司。
今回のスキーは時間配分、コース配分が分からず、失敗した感もあるが、
子供たちは初の志賀全山を堪能したようです。
蔵王に比べれば圧倒的に近いといいのは魅力的です。
多分来年も志賀に来るでしょう。

0 件のコメント: